秋田臨海鉄道  その歴史をたどる旅

秋田臨海鉄道  その歴史をたどる旅

この看板(写真)を見ると、思わず「ありがとう、秋田臨海鉄道」と頭を下げてしまいたくなる。50年間にわたり、秋田港の一つのシンボルだった貨物鉄道輸送。今年3月末にその歴史に幕が下ろされた。南線、北線合わせた営業距離は7.9キロ、駅数は4駅。昭和45年4月に会社が設立された。JR土崎駅、秋田貨物駅を経由して全国につながる。シーアンドレール構想やクルーズ船との未来の秋田の懸け橋でもあった。この思い出の旅は鉄道ファンならずともまだまだ続く。


2021,04,18, Sunday
関連記事